赤ちゃんに靴をはかせるのはいつから?どうやって購入するべき?【Genki-Kids実店舗でサイズ測定できます】

スポンサーリンク

こんにちは、1歳児育児ブロガーのRio(@Rio_reach)です。

赤ちゃんに靴をはかせるのっていつから?
どこで買えばいいの?

つたい歩きをしはじめた赤ちゃん。
ホント、かわいいですよね。

そうすると悩むのが、
赤ちゃんの靴
です。

買ってあげるべき?
それとももう少し待つべき?
買うならどこで買うのがおすすめ?

今回はそんな疑問に、
私の経験から答えていきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめ
  • いつ、どこで、どうやって靴を購入すべきか悩んでいる。
  • 実際の店舗に行く暇がない。試着しつつインターネットで購入したい。

靴の購入は、急がなくてもOKです。

1 yochiyochiaruki

結論から書きます。
靴を購入するタイミングは以下の2点です。

靴を購入するタイミング
  • 子供が10歩くらい歩けるようになった
  • ハイハイよりも立っちで歩く頻度が増えてきた

子供の成長って早いです。
足のサイズが大きくなるのも早いです。

息子の場合、
保育園入園準備で靴が必要になったので、
11ヶ月の時に購入したのですが、
3ヶ月後にはきつくなってしまい、
買い換えるハメになってしまいました。

親としては、
つたい歩きをしはじめたら、
公園など外に連れていきたい気持ちになります。

しかし、子供にとってはハイハイの方が早いから、
外では全く立たず、ハイハイをしちゃう、なんてこともあります。

ですので、
10歩くらい歩けるようになり、
ハイハイでの移動ではなく立って移動する頻度が増えたら
靴の購入をするくらいがちょうどいいと思います。

ファーストシューズは実店舗でサイズを測って購入するのがおすすめ

Im fitting
画像引用:Genki-Kids公式ホームページ

赤ちゃんの足はやわらかく、変形しやすいので、
きちんと適正サイズの靴を選んであげたいですよね?

ファーストシューズは
実際の店舗に行ってサイズを計測してもらい、
購入するのがおすすめ
です。

オススメのお店は、「子供靴専門店 Genki-Kids(ゲンキ・キッズ)」です。

ゲンキキッズには、
赤ちゃんに乗ってもらうだけで、
簡単に足の計測をすることができる機械があります。

Futtoru
画像引用:Genki-Kids公式ホームページ

多少暴れる赤ちゃんでもしっかりと計測することができますよ!

計測が終わったら、
結果をもとに店員さんがオススメの靴を選んでくれます。
だから、赤ちゃんにピッタリの靴を購入することができちゃいます。

実店舗に行けない場合は、【Amazon prime wardrobe】を利用しよう

「子供靴専門店 ゲンキキッズ」が近くにない!
実際の店舗に行く時間なんてない!

そんな方は、
Amazonの[prime wardrobe]を利用するのがおすすめです。

[prime wardrobe]は、
自宅で試着することができる、Amazonプライム会員向けのサービス。

Prime01 [prime wardrobe]と書かれている商品を
3点から最高8点まで自宅で試着することができます。
試着期間は7日間です。

試着したら、購入しないものを返送します。
もちろん、送料は不要。

1歳ごろであれば、
11.5cmから0.5きざみで3から4点ほど試せば、
ぴったりの靴のサイズが見つかると思います。

Amazonプライム会員でない方は、
以下から、Amazonプライムを30日間無料体験することができます。

まとめ

赤ちゃんにはじめての靴をはかせるタイミングは以下の2点です。

靴を購入するタイミング
  • 子供が10歩くらい歩けるようになった
  • ハイハイよりも立っちで歩く頻度が増えてきた

赤ちゃんの靴は実店舗で計測して購入するのがおすすめです。
赤ちゃんの足は骨が変形しやすいため、
実店舗で計測して靴を選びましょう。
Genki-Kidsなら赤ちゃんを立たせるだけで足のサイズを計測できます。

どうしても実店舗にいけない場合は、
Amazonプライム会員の特典である「Amazon prime wardrobe」を
利用しましょう。
自宅にいながら試着することができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。