悩みを解決する以外な方法。本屋で本を1冊選べば悩みは1歩前進する。

スポンサーリンク

こんにちは、Rioです。

いきなりですが、最近私、色々と悩んでいます。
息子ももうすぐ8ヶ月。育児で手一杯だった日々から少しづつ、将来のことを考え始めるようになったからです。

自分が将来的に何をしたいのか、本当に今の仕事を続けて正しいのか。
理想の自分と、現実の自分。
ギャップがかけ離れすぎていて、落ち込んでしまう。
そんな自分が嫌になってしまう。

これから、どうしたらいいんだろう。不安が頭を駆け巡って、モヤモヤ。

誰かに話してみるのがいいのかもしれない。
けれど、そう都合よく話せる友達もいない。

そんな時の私の不安の対処方法が、本屋に行くことです。

仕事、人間関係、夫婦関係。
本屋は悩んだときに解決となるヒントをたくさんくれました。

今回は悩みを解消するための本屋の行き方について、記載していきたいと思います。

悩みを解決したいなら、本屋へ行く

ただ、本屋へ行くだけではなく、本屋に1人で行きましょう。
育児中でずっと子供と一緒、という方も、なんとか子供の面倒を見てくれる人を見つけて、1人で本屋に行ってください。
なぜなら、子供や友人と一緒に本屋に行くと、自分と向き合えなくなるからです。
特に、子供と一緒にいると、人間としてのサガでどうしても「親スイッチ」が入ってします。
夫の仕事の休みの日や、祖母に面倒を見てもらえる日などを狙いましょう。

どのような本屋に行くべきか
できるだけ大きな本屋に行くことをおすすめします。
悩んでいるときは、実は一番何が気になっているのか自分でもわからないことが多いです。たくさんの本のタイトルを見て、自分が気になる本を探してみましょう。

本のタイトルを見ながら、本屋内を巡る

本屋に置いてある本のタイトルを見ながら、ふらふらと本屋を巡りましょう。そこで気になった本が今の自分に必要な本です。
その時々で気になる本は違うでしょう。ビジネス書だったり、趣味の本だったり、技術の本だったり、育児の本だったり、今まで手に取ったことのない分野の本かもしれません。
気になった本は手に取って、パラパラとめくってみて下さい。

ちなみに、今回Rioが気になって購入した本がこちら。

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

自分でもこの本を選んだのは、意外でした。
本屋に行った時は、特にSEOについて悩んでいた訳ではないのです。ただ、今まで漠然と考えていた、他にやりたいこと(動画作成やプログラミングの学習など)を、今始めるべきかどうか悩んでいました。
しかし、この本に出会えたことで、今は新しいことに手をつけるべきではなく、ブログを読んでくれる方に為になる情報の書き方や、検索エンジンを意識した書き方をもっと学びたい、という気持ちが芽生えました。

将来のことについて悩んでいたけれども、まずはずっとやってみたかったWebライティングについて、このブログを通して実践すること。これが今の私にできる1歩だと気がつきました。

このように、本屋に行ったことで、本屋に行くまでには思いもよらなかった、自分がやりたいことを1歩前進することができるのです。仮に失敗したとしても、また違う道を歩く1歩になります。

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

せっかくなので、今回買った本のご紹介を少ししますね。こちらの本は2017年10月初版発行。
記事を読んでくれるユーザーにも、検索エンジンにも理解されやすい、最新の流行りの書き方を教えてくれます。「Webライティングの第三世代」という言葉にピンと来ない方は、本書を読むことをオススメします!

本は1冊しか買わない。その理由。

理由は以下の通りです。

理由1:より自分に必要なもの(自分が悩んでいること)に向き合える

本を見ていると、複数の本が気になってしまうことがあります。しかし、1冊しか買わないと決めることで、どの本を購入するのかを選ぶことになります。

本を選ぶ過程で、自分が現在悩んでいることに対して、どの本が解決してくれそうなのかを考えることになります。
複数の悩みを抱えている場合は、本を選ぶ過程で、自然と自分の悩みの優先順位を明確につけることができます。いっぺんに自分の悩みの対処をするよりも、1つ1つの悩みを順番に解決していく方が、結果として早く悩みを解決することが多いです。

本を1冊だけ選ぶことで、自分が一番気になってたのはこれだったんだと気づくことは多いです。

理由2:「時間・お金」対「効果」の効率が高くなる

そもそも、本を購入しても、忙しい合間に読む必要があります。複数の本を購入しても、時間が足りなってしまいます。また、本の購入にかけたお金も当たり前ですが増えます。複数本の購入を許していると、どんどんと書籍代が膨らみ、結果としてかけたお金に対しての効果が少なくなってしまいます。
どうしても迷う場合は、読破できそうかどうかを基準にすると、後悔のない本を購入できます。また、購入を諦めた本も、本当に気になるなら、次回本屋に行っても気になるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本屋に行くことは、本当にオススメの悩み解決方法です。パートナーや友人を自分の不安に巻き込まなくて済むし、自分と向き合える時間にもなります。今、何かに悩んでいて解決方法を模索している方、なかなか前に踏み出せない方の少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。