ホットクックの無水カレーは1歳児用のルーでもおいしく作れます【手間を減らしたレシピ公開】

スポンサーリンク

こんにちは、1歳児育児ブロガーのRio(@Rio_reach)です。

1歳を超えてから、いろんなものが食べられるようになってきたけど、
正直、毎日の食事を考えるのも作るのも大変で…
なんとかならないかなぁ…

1歳を超えると、ちょこまか歩くことも増えてきて、ますます目が離せなくなりますよね。
ただでさえどんどん時間が足りなくなっていくのに、1歳ごろは離乳食を食べなくなってくるタイミングでもあります。

栄養のあるレシピを調べて作りたいけれども、子供から目を離すわけにはいかないし…と、ママの悩みは尽きません。

本記事では、そんなママのもしかしたらお助けになるかもしれない、

  • 野菜がたっぷりとれて
  • 息子も家族もパクパク食べれて、
  • 作るのもラクな

我が家の1歳でも食べられるホットクック無水カレーレシピを紹介したいと思います!

えっ!?でも1歳の子供にカレーなんて食べさせていいの?
はい、実は、「1歳用のカレールー」があることをご存知ですか?
無水カレーは1歳用のカレールーを使ってもおいしくできあがりますよ。

そう、秘密の一つは1歳用のカレールーを使うこと。
スーパーのカレールー売り場をよく見てみると、1歳から使えるルーが販売されています。

カレーの王子さまの顆粒タイプのルーや、バーモンドカレー やさしい甘口も1歳から使えて、でもおいしく作れますよ!

そしてさらに、オリジナルのレシピでは生のトマトを使うところをトマト缶に、
手羽元を使うところを冷凍パラパラひき肉を使うことで手間をかなり減らしています。

かなりマイルドなカレーに仕上がりますが、ホットクックの無水調理で野菜の味がしっかり出るためか、大人でもおいしく食べられますよ!

詳しい調理過程を本文で説明していきたいと思います。
もし、あなたが1歳児のレシピに悩んでいるのであれば参考になると思いますので、ぜひこのまま記事を読み進めてみてくださいね!

1歳でも食べられる無水カレーレシピの材料(4人分)

材料 分量 備考
トマト缶 1缶 (生トマト3個の代わり)
タマネギ 2個
セロリ 1本
冷凍パラパラ鶏ひき肉 300gくらい (鶏手羽元8本の代わり)
1歳用カレールー 4人分

ホットクック公式の無水カレーメニューではショウガとニンニクを入れますが、1歳児には刺激が強いので入れません。

おいしさよりも手間を優先し、トマトをトマト缶にしたり、肉は冷凍のパラパラ鶏ひき肉を利用するといったように、なるべく保存できる材料を使って手軽さをアップさせています!

冷凍パラパラ鶏ひき肉はたまにスーパーでも見かけますが、我が家はコープデリで届けてもらっています。


コープで扱う製品は食品添加物に独自の基準があるので、スーパーで購入するよりも安心ですし、子育て世代にマッチした時短食品を多く取り扱っているのでかなり重宝しております。

何より、子連れでスーパーに行かなくて済むのはものすごく大きいです。

ちなみに、冷凍パラパラ鶏ひき肉以外の材料も毎週ほぼコープデリで購入しています。

玉ねぎ→常温で日持ちするのでコープデリで安くまとめ買い
セロリ→1週間くらいなら冷蔵庫で日持ちするのでコープデリで毎週1本購入
1歳用カレールー・トマト缶→余裕で日持ちするのでコープデリで毎週購入

買い物に行く時間を節約できて、かつ子供に食べさせても安心の商品を購入することができる。
ホント、コープデリ様様ですね。

\子育て割引でお得に使えます/

1歳でも食べられる無水カレーの手順

1. タマネギ、セロリをみじん切り

IMG 2631 1
タマネギ、セロリをみじん切りにします。

とはいえ、みじん切りもめんどくさいので、我が家ではブラウンのハンドブレンダーのチョッパーを使います。
タマネギ2個とセロリ1本は1回では入らないので、少しずつ追加で野菜を入れていきます。
追加する作業も含めて、1分くらいでみじん切りができます。文明の利器はすごいです。
IMG 2637 1

\ブレンダーさんいつもありがとう!/

2. すべての材料をホットクックに入れる

すべての材料をホットクックに入れます。

3. ホットクックで「無水カレー」を選んで調理開始

ホットクックで、「無水カレー」の番号を入力して、調理開始します。
IMG 1323

あとは65分、ホットクックに任せて待つだけ。ラクラクです。

1歳でも食べられる無水カレーの味は?

Gohann
1歳児でも食べらえるカレールーを使っていることもあり、味はカレーというよりはハヤシライスに近いです。
生のトマトの代わりにトマト缶を使っているため、トマトの酸味が生の時と比べて強く出るため、ますますそう感じます。
しかし、これだけ気軽に作れるなら及第点かな、という味です。

トマト、セロリ、タマネギといった野菜もたっぷりとれるので栄養はバッチリ。
さらに、カレーに野菜がとろけている状態ですので、野菜を嫌がる息子でもペロリと完食
してくれます。

大人用のカレーは別途ルーを加えて調整

ダンナ
大人用にはもうちょっと辛くしたい!!

そのままでも十分おいしいのですが、やっぱり物足りない!!
そんな時は、子ども用のカレーを取り分けてから、大人用のルーをひとかけら加えて、延長加熱しましょう。

いい感じにルーが溶けて、スパイシーになってくれます!!

ホットクックは育児中の家庭の味方です

1 shokuji
というわけで、1歳児向けのホットクック無水カレーの作り方について書いていきました。

ホットクックを購入したのは、「断る力」や「勝間式ロジカル家事」で有名な勝間和代さんの本がきっかけでした。

少しでも家事の負担を減らしたいと思い、ダンナとも話し合って購入に踏み切りましたが、料理が苦手な私や普段料理を作らないダンナでも一定のクオリティの料理が作れるので、とても重宝しています。

私が購入した時は、5万円くらいした気がしますが、最近は3万円くらいになり、かなり購入しやすくなりました。

スペースがあればもう一台欲しいくらいですが、ホットクックは炊飯器並みの大きさなので、結構場所をとるんですよ。
少し小型の1.6Lタイプも2018年の夏に販売されましたが、それでもやっぱり少し大きめかな…

無水カレー以外の1歳児でも食べられる野菜たっぷりのおすすめレシピ、たくさんありますので、また別記事で紹介していければと思います!

この記事が忙しいママやパパの時間を節約しつつ、おいしい食事を食べて、健康になる手助けになれば嬉しいです。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。