月額会員はAudibleがおすすめ!Audibleとaudiobook.jpを比較してわかった違いを解説

スポンサーリンク

こんにちは、1歳児育児ブロガーのRio(@Rio_reach)です。

忙しい主婦・ビジネスパーソンに必須のオーディオブックサービス。
作業をしながら、本を聞くことができる有用なサービスです。

2018年11月現在、主なオーディオブックサービスは2つあります。

本記事では、Audibleとaudiobook.jpの違いって一体何なの?おすすめはどっち?ということをお伝えしていきます。

これからオーディオブックサービスを使ってみたい方は参考になると思います。
ぜひこのまま読み進めて見てくださいね。

なお、結論は以下となります。

Audibleの月額会員を利用しつつ、audiobook.jpにも無料会員登録して、両方の本を楽しむ。

もし、結論だけサクッと見たい方は、
私は最終的に月額会員「Audible」、無料会員「audiobook.jp」に落ち着いたへどうぞ。

Audibleとaudiobook.jpの最大の違い

Point
一番押さえておくべき大きなポイントは月額プランです。

月額プラン
  • Audible:コイン制(聴き放題ではない)
  • オーディオブック:聴き放題プラン もしくは 定期購入プラン

月額の費用は以下の通りです。

月額費用
  • Audible:月額1500円
  • オーディオブック「聴き放題プラン」:月額750円
  • オーディオブック「定期購入プラン」:月額300円~30000円
※2018年11月現在

各プランの詳細は次の章で述べていきます。

Audibleの「コイン制」

まず、Audibleの「コイン制」は、

  • 月額会員になると、毎月1コイン付与される。
  • 1コインで好きなオーディオブックを1つ購入できる。

という制度です。

また、月額会員の特典として以下の特点が付いてきます。

Audible 月額会員特典
  • 内容が気に入らない本を何度でも返品できる。
  • AudibleStationで定期的配信されるコンテンツが無料で聴ける。

「本を何度でも返品できる」というのはかなり良心的。
更に、返品処理はWebから行うことができるので、気楽に手続きできます。

ただし、Webからの返品処理には回数制限があり、一定回数以上返品した場合は、
電話、もしくはメールでカスタマーサービスに申し込む必要があります。

オーディオブックは「聴き放題プラン」と「定期購入プラン」

一方オーディオブックには、「聴き放題プラン」があります。

これはその名の通りで「聴き放題プラン」に入っている本であれば
「聴き放題」
です。

「定期購入プラン」はポイントをお得に購入できるプランです。

例えば、「月額会員 300」は月額324円。
324円で350ポイントを得ることができ、26ポイント分、お得になります。
「月額会員 30000」では、なんと8100ポイントもお得になります。

オーディオブックのまとめ買いをする場合はいいかもしれませんね。

月額会員退会後の本はどうなる?聴けなくなる?

2018070302
月額会員制度の違いを見てみましたが、
この制度の違いが効いてくるのが退会後の本の扱いです。

Audibleの場合は「コイン制」でオーディオブックを「購入した」という扱いになるので、
月額会員を退会しても、購入したオーディオブックを聴くことができます。

オーディオブックの「定期購入制」も「購入した」扱いになるので同じです。

一方、オーディオブックの「聴き放題プラン」の場合、
「サービス」にあたるので今まで聴くことができたオーディオブックは
退会後は聴くことができません。

Audibleとオーディオブックのコンテンツに違いはあるの?

1 gimon2
次に、コンテンツについてです。

正直、両サービスとも、大きな差はないかな…と感じています。

というのも、作者によって偏りがあるのです。

例えば、ビジネスリーダーのホリエモン「堀江貴文」の本は、
2018年11月6日現在、Audibleにしか置いてありません。

「堀江貴文」で検索した結果
  • Audible:2件
  • audiobook.jp:0件

一方、わかりやすくい文体で評判のメンタリストの「Daigo」の本は、
audiobook.jpの方が充実しています。

「Daigo」で検索した結果
  • Audible:3件
  • audiobook.jp:10件

※検索結果はどちらも2018年11月6日現在のものです。

ただし、AudibleはAmazonが本腰を入れて動きはじめた気がしていまして、
本のナレーターに女優の杏さんや田中麗奈さん、俳優の堤真一さん、田辺誠一さんといった
豪華芸能人を起用したりしています。

上記のように、聴いてみたい本のジャンルによって
コンテンツに偏りがあります。
そのため、無料体験で両サービスを試してみることをおすすめします。
※どちらもいつでも解約できます。

>> Audibleを30日間無料体験する

>> audiobook.jpを30日間無料体験する

なお、解約方法は少しわかりにくいので、こちらの記事をご参照ください。
Audibleの解約・退会方法を画像付きで解説【アプリからは不可ですがスマホから可能】

Audibleの解約・退会方法を画像付きで解説【アプリからは不可ですがスマホから可能】

2018年10月25日

単品購入はaudiobook.jpの方が安い

次に知っておくべきポイントは、単品購入をする場合、
audiobook.jpの方が本の値段が安い
ということです。

例えば、又吉直樹さんの「火花」は、どちらのオーデオブックサービスにもあるのですが、
Audibleは月額会員価格2450円に対し、audiobook.jpでは1296円です。

はあちゅうさんの「半径5メートルの野望」は、
Audibleは月額会員価格2100円に対し、audiobook.jpでは1296円です。
※「火花」「半径5メートルの野望」ともに2018年11月16日現在

ただし、Audibleは気に入らなければ返品して別のタイトルを聴くことができますが、
audiobook.jpの場合はキャンセルや返品することはできません。

結局、Audibleとオーディオブックはどちらがいいの?

1 docchi

結局、オーディオブックサービスはどちらが良いの?

と疑問に思ってしまうと思いますが、答えは、

人それぞれ違う。場合による。

といった感じです。

ざっくり言うと、
いろんな本を聴きたいから、毎月1冊じゃ足りない!という方は、
オーディオブックサービスの「聴き放題プラン」をはじめるのが良い
と思いますし、

退会後に聴いた本がずっと聴けなくなってしまうのが嫌な人は、
どちらかと言えば返品制度があるAudibleが良い
と思います。

さらに言うと、
audiobook.jpで聴き放題プランを利用しつつ、ピンポイントで欲しい本をAudibleで購入するといった、
両方のサービスを併用するのもアリかと思います。

>> Audibleを30日間無料体験する

>> audiobook.jpを30日間無料体験する

私は最終的に月額会員「Audible」、無料会員「audiobook.jp」に落ち着いた

1 michi
私は、両方のサービスを使ってみたのですが、結局は「Audible」の月額プランに落ち着きました。

最初は、月額750円で「聴き放題プラン」のある、audiobook.jpが、
正直いいと思っていたのです。

audiobook.jpの聴き放題プランの本はそこまで多くない

そう思っていたにも関わらず、Audibleに落ち着いた一つ目の理由は、

オーディオブックの聴き放題プランで聴きたい本がなくなってしまった。

という理由です。

ここが勘違いしやすいポイントなのですが、
オーディオブックの聴き放題プランは、
すべての本が聴き放題というわけではないのです。

ですので、「聴きたい!」と思った本が聴き放題プランではなかったことに、
ストレスを覚えてしまいました…

月額会員プランで、本を購入すればいいのですが、
なんか少し損した気分になってしまいました。

そもそも聴き放題プランは、
購入までは至らない本を聴いてみるのにちょうどよかったのですが、
そんな本すらなくなってしまいました。

あくまでもこれは私の場合です。
個人差はあると思います。

audiobook.jpの聴き放題プランはいろんな本が追加されたら、
また利用したいと思っています。

audiobook.jpは無料会員登録さえしておけば購入は可能である

audiobook.jpにあってAudibleにない本もあれば、
その逆もあります。

であれば、本当に自分が読みたい本を聴きたい場合は、
両方の会員になっておくのが言うまでもなく一番よい
です。

両方のサービスを使うと想定した場合、
audiobook.jpは無料会員登録を行うだけで、本を購入することができます。
月額会員だろうが、無料会員だろうが、価格は同じ
です。

一方、Audibleの会員になっておけば、
追加で本を購入する場合、月額会員は定価の30%OFFで購入することができます。
さらに、月額会員なら本の返品も可能です。

両方のサービスを使うのであれば、
Audibleの月額会員になっておき、
audiobook.jpは無料会員登録だけ行っておく。
そして、Audibleにない、もしくは欲しい本がAudible会員価格よりも安い場合、
audiobook.jpにて本を購入する
と言う形が一番効率的かなと思いました。

audiobook.jpの月額会員になる場合、1000円から2000円のプランになりそう

audiobook.jpで購入できる本の価格は1200円〜1800円くらいです。
そうすると、月額会員になり、本を月1冊ペースで楽しむ場合は、
「月額会員 1000」もしくは「月額会員 2000」のどちらかのプランに入ることになります。

すると、結局、Audibleの月額料金とほぼ変わらなくなります。

であれば、返品することが可能なAudibleの方がお得なように感じました。

>> Audibleを30日間無料体験する

まとめ まずは無料で30日試してみよう!

2018070304
Audibleとオーディオブック。

細かい違いはありますが、最大の違いは「月額プラン」です。
ここを押さえておけば損はしないと思います。

また、オーディオブックの聴き放題プランはすべての本が聴き放題というわけではないので、
ご注意ください。

コンテンツに関しては、
今ならAudibleもオーディオブックも30日間無料でお試しできますので、
まずは試してみるのがよいと思います。

本を聴いて、家事や通勤の時間を良質なインプットに変えて、
どんどんスキルアップしていきましょう!

>> Audibleを30日間無料体験する

>> audiobook.jpを30日間無料体験する

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。